AIG富士生命 がん保険 がんベスト・ゴールドα 無解約返戻金型悪性新生物療養保険(2014)<無配当>

富士生命 がん保険通販特約代理店
がんベスト・ゴールドα

がんと闘い、そして家族を守っていくためのがん保険

今選ばれているのは、診断給付金重視のがん保険。「がんベスト・ゴールドα」

保険料かんたん試算 AIG富士生命ダイレクトでお申込み

オススメする3つの理由

保険料のお支払い免除

悪性新生物と診断確定されたら、それ以降の保険料のお払込みが免除になります。

何度でも複数回お支払い

悪性新生物診断給付金(主契約)は、支払事由に該当する限り、何度でもお支払いします。(2年に1回を限度とします)

特約付加で上皮内新生物も保障

上皮内新生物診断給付金特約(2014)を付加した場合、上皮内新生物と診断確定されたときに、上皮内新生物診断給付金をお支払いします。

AIG富士生命 がんベスト・ゴールドα資料請求

がんベスト・ゴールドα資料請求

保険料や選び方に関するご質問・お見積りなどもお受けいたします。
まずは、お気軽にお電話ください。

0120-811-530 通話料無料

がんベスト・ゴールドαパンフレット

お送りする資料
 ・がんベスト・ゴールドαパンフレット
 ・AIG富士生命健康サービスのご案内
 ・お客様の声レポート集

メールでの資料請求はこちら

選べるがん保険、主役は「悪性新生物診断給付金」

AIG富士生命のがんベスト・ゴールドαは「悪性新生物診断給付金」を主契約として、保障を自由に選択できるがん保険です。

主契約

悪性新生物診断給付金 無解約返戻金型悪性新生物療養保険(2014)

初めて悪性新生物と診断確定されたときにまとまった給付金(悪性新生物診断給付金)をお支払いします。また、支払事由に該当する限り、何回でもお支払いします。

※2回目以降の悪性新生物診断給付金は、前回の支払事由該当日から2年経過後に、悪性新生物の治療を目的とした入院をしたとき(入院を継続しているとき)、または通院をしたときにお支払いします。

プラス
主契約

悪性新生物診断給付金上皮内新生物診断給付金特約(2014)

上皮内新生物と診断確定されたときに、上皮内新生物診断給付金をお支払いします。また、支払事由に該当する限り、何回でもお支払いします。

※2年に1回のお支払いを限度とします。

悪性新生物初回診断一時金悪性新生物初回診断一時金特約(2014)

初めて悪性新生物と診断確定されたときに、悪性新生物初回診断一時金をお支払いします。

※悪性新生物初回診断一時金特約(2014)は、悪性新生物初回診断一時金をお支払いすると、消滅します。

がん先進医療特約がん先進医療特約(2014)

がん(上皮内新生物・悪性新生物)を直接の原因として、厚生労働大臣が定める先進医療所定の施設で受けられたとき、療養1回につき、先進医療にかかわる技術料と同額のがん先進医療給付金をお支払いします。

※通算支払限度額は2,000万円となります。

がん入院・手術特約がん入院・手術特約(2014)

がん(上皮内新生物・悪性新生物)の治療を直接の目的として入院をされたとき、(がん入院給付金日額×入院日数)をお支払いします。(入院日数無制限)
がん(上皮内新生物・悪性新生物)の治療のため、所定の手術を受けられたとき、(がん入院給付金日額×20)をお支払いします。(手術回数無制限)

がん死亡保障特約がん死亡保障特約(2014)

がん(上皮内新生物・悪性新生物)を直接の原因として死亡したとき、特約がん死亡保険金をお支払いします。

※「リビング・ニーズ特約」を付加できます。「リビング・ニーズ特約」を付加すると診断確定されたがん(上皮内新生物・悪性新生物)を直接の原因として余命6カ月以内と判断された場合に生前に保険金をご請求いただけます。

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。

お問い合わせ・お見積り依頼はこちら

PAGE TOP

・以下の保障は、保険期間の始期から91日目に開始します。
■主契約、悪性新生物初回診断一時金特約(2014)の悪性新生物に関する保障
■上皮内新生物診断給付金特約(2014)の上皮内新生物に関する保障
■がん先進医療特約(2014)、がん入院・手術特約(2014)、がん死亡保障特約(2014)の上皮内新生物・悪性新生物に関する保障
・このページでは、保険商品の概要をご案内しています。保険商品の詳細につきましては、「パンフレット」、「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、及び「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。
・このページに掲載の保険料は、2014年7月1日現在で適用されているものです。


登録番号:AFL513/1407B