がん保険に入院給付金の備えは必要ですか? ケース別ご相談例 | AIG富士生命 がんベスト・ゴールドα

富士生命 がん保険通販特約代理店
がんベスト・ゴールドα

がんと闘い、そして家族を守っていくためのがん保険

がんベスト・ゴールドα ケース別ご相談例

がん保険に入院給付金の備えは必要ですか?

ご相談

・がん入院・手術特約(2014)は必要ですか?

・悪性新生物診断給付金とがん入院給付金ではどのような違いがありますか?

ご回答

悪性新生物診断給付金とがん入院給付金の違い

悪性新生物と診断確定したタイミングでまとまった給付金を受け取れる悪性新生物診断給付金に対し、がん入院給付金は、がん入院給付金日額×入院日数で算出されるので、入院の長さによって支払われる給付金が増減します。

がん入院給付金を備えるメリット

がんの症状や治療方針によっては入院日数が長引くケースもあります。

入院が長引くと、治療費以外にも差額ベッド代や家族の交通費など様々な費用の負担も大きくなります。

入院がいつまで続くかわからないような状況になれば、悪性新生物診断給付金だけでどこまで備えられるか分からず、不安を抱えたまま治療を続けることになるかもしれません。

■がん入院給付金は、上限日数が設定されておらず、入院日数に応じて給付金が支払われるのでこのようなリスクにも備えることができます。

■がん入院給付金は、主契約・特約の内容に関わらず、がん(悪性新生物・上皮内新生物)と診断確定され、その治療目的で入院した場合が支払いの対象となります。

がん入院・手術特約(2014)の付加にかかる保険料

がん入院給付金:がん(上皮内新生物・悪性新生物)による入院1日につき1万円

がん手術給付金:がん(上皮内新生物・悪性新生物)による手術1回につき20万円

※口座振替扱月払 / 保険期間:終身 / 保険料払込期間:終身

ご契約年齢 男性 女性
40歳 1,844円 1,178円
45歳 2,340円 1,377円
50歳 3,001円 1,615円
55歳 3,852円 1,894円
60歳 4,859円 2,217円
65歳 5,864円 2,544円

カテゴリ:

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。

お問い合わせ・お見積り依頼はこちら

PAGE TOP

・以下の保障は、保険期間の始期から91日目に開始します。
■主契約、悪性新生物初回診断一時金特約(2014)の悪性新生物に関する保障
■上皮内新生物診断給付金特約(2014)の上皮内新生物に関する保障
■がん先進医療特約(2014)、がん入院・手術特約(2014)、がん死亡保障特約(2014)の上皮内新生物・悪性新生物に関する保障
・このページでは、保険商品の概要をご案内しています。保険商品の詳細につきましては、「パンフレット」、「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、及び「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。
・このページに掲載の保険料は、2014年7月1日現在で適用されているものです。


登録番号:AFL513/1407B