よくある質問 | AIG富士生命 新がんベスト・ゴールドα

富士生命 がん保険通販特約代理店
新がんベスト・ゴールドα

がんと闘い、そして家族を守っていくためのがん保険

新がんベスト・ゴールドαよくある質問

給付金等について

Q.がん手術特約(2017)について、がん手術給付金を再度受け取る場合、前回受け取り時からの間隔等の制限はありますか?

ありません。

(注)一部の手術については、60日の間に1回を支払限度とする制限があります。

Q.無解約返戻金型医療保険(08)と無解約返戻金型悪性新生物療養保険(2017)の両方に先進医療特約を付けていた場合、両方から満額支払いされるのですか。按分されることはないのですか。

無解約返戻金型医療保険(08)に先進医療特約(08)を付加した契約と、無解約返戻金型悪性新生物療養保険(2017)にがん先進医療特約(2017)を付加した契約の両方に加入されている場合で、各先進医療特約のお支払事由に該当された場合には、按分されることなく、各特約の給付金をお支払いします。

他社で加入している先進医療特約等との給付調整はありません。

Q.高度異形成はがんに含まれますか?また、保険料払込免除の事由に該当しますか?

「高度異形成」とは、「子宮頚癌取扱規約」の分類であり、悪性新生物・上皮内新生物のいずれにも該当しません。

よって、保険料払込免除の事由には該当いたしません。
なお、Richart分類においてCINⅢの診断確定がなされている場合、高度異形成・上皮内新生物の診断にかかわらず、上皮内新生物として取り扱います。

よって診断書上「CINⅢ」と「高度異形成」が併記されていた場合、上皮内新生物として取扱い、上皮内新生物診断給付金の支払対象とします。

Q.短期払の場合に支払われる主契約の死亡給付金は、がん以外による死亡でも支払われるのですか。

無解約返戻金型悪性新生物療養保険(2017)の死亡給付金の支払事由は、「被保険者が保険料払込期間満了後の保険期間中に死亡したとき」です。がんを原因とせずに死亡された場合にもお支払いします。

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。

お問い合わせ・お見積り依頼はこちら

PAGE TOP

・この保険は、保険期間の始期から91日目に保障を開始します。
・このページでは、保険商品の概要をご案内しています。保険商品の詳細につきましては、「パンフレット」、「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、及び「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。
・このページに掲載の保険料は、2017年4月2日現在で適用されているものです。


登録番号:AFL650/1706B