<がん保険は必要ですか?>がんの治療にはお金がかかります – - AIG富士生命のがん保険 新がんベスト・ゴールドα

富士生命 がん保険通販特約代理店
新がんベスト・ゴールドα

がんと闘い、そして家族を守っていくためのがん保険

がん保険は必要ですか?

入院時の1日あたりの自己負担費用は、平均2万1,000円

過去5年間に入院し、自己負担費用を支払った人の1日あたりの自己負担費用。
約7割の人が、1万円以上の費用を自己負担しています。

入院時の1日あたりの自己負担費用

[注]治療費・食事代・差額ベッド代に加え、交通費(見舞いに来る家族の交通費も含む)や衣類、日用品などを含む。高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額。

健康保険の給付対象で、高額療養費制度を利用した場合でも、上記のような自己負担費用が発生するケースがあるため、がん保険などで備えることが大切ではないでしょうか。

がん患者の平均入院日数

保険外診療のがん治療は高額に

保険診療ではカバーされないがん治療が増加する

新しい医療技術や薬は、一定の期間をかけて安全性や有効性などが確認されたのちに「保険診療」として認められます。

そのため、海外で新しい医療機器や抗がん剤が発売されたとしても日本で承認されるまでに一定の時間を要する場合があります。

自由診療では、費用全額が自己負担となります。

保険診療 1~3割自己負担

健康保険など、公的医療保険制度が適用される診療。

自由診療 全額自己負担

保険診療の枠外の診療。国内で承認されていない新薬や最先端の医療など。 診療費の全額が自己負担となります。

混合診療 全額自己負担

保険診療と自由診療を併用した診療。混合診療の場合、本来、健康保険が適用される治療部分も含めて、その全額が自己負担となります。

先進医療 先進医療の技術料は全額自己負担

厚生労働省が定める高度な医療技術で、特定の医療機関でのみ療養が受けられます。
先進医療を受けると、一般的な治療にかかわる費用(診察・検査・投薬・入院料等)は公的医療保険制度が適用されますが、先進医療にかかわる技術料は適用対象外となるため、全額自己負担となります。

[注]社会保険制度に関する内容は、2017年4月1日現在施行されている制度に基づくものです。今後の制度改正等によって、内容が変更される場合もありますのでご注意ください。

がん(悪性新生物・上皮内新生物)と診断確定されたとき、治療費を気にすることなく、最先端の医療を選択できるよう備えておくと安心です。

新がんベスト・ゴールドαは、初めて悪性新生物と診断確定された時点で、まとまった給付金を受け取ることができますので、さまざまな治療方法に備えられ安心です。

また、特約を付加することで、上皮内新生物に備える事も可能です。

治療費以外で必要となる費用

治療費以外の費用

がんになると、治療費以外にも、通院やお見舞い時の交通費や宿泊費など、さまざまな費用が必要となるケースがあります。

新がんベスト・ゴールドαの「悪性新生物診断給付金」や「上皮内新生物診断給付金」は、お支払事由に該当するたびにお受取りいただけます。(2年に1回を限度)

受取った給付金は、上記のような治療費以外の費用にも、自由に使うことができます。
また「悪性新生物」と診断確定されると、それ以降の保険料払込みが免除になります。
保険料の負担なく、保障を継続して得られる点も大きな特徴です。

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。

お問い合わせ・お見積り依頼はこちら

PAGE TOP

・この保険は、保険期間の始期から91日目に保障を開始します。
・このページでは、保険商品の概要をご案内しています。保険商品の詳細につきましては、「パンフレット」、「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、及び「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。
・このページに掲載の保険料は、2017年4月2日現在で適用されているものです。


登録番号:AFL650/1706B